のんき妻と頑固夫の介護生活


by kouchanyoko
とううちゃまの入所しているところの職員さんから突然の電話


「あのー・しばらく面会謝絶になりますから」


「ええっつーーーー・ど・ど・どうしたんですか!!!!!」


「いや^^~~~ご主人は大丈夫なんですけどね、インフルエンザが流行っているものですから」


             ほっとした008.gif

入所先の職員さんは、入所者全員に連絡するのにてんてこ舞いなのでしょうが


いきなり面会謝絶といわれると、身内はびっくりするじゃ~~~ないの。


私も体調不良であまり出かけられないので、まあ面会は小休止にしましょう。
[PR]
# by kouchanyoko | 2017-01-18 14:43 | 気楽な介護を目指して

アッ、アッ、アゴが!!

お正月の初外出が歯医者さん。
昨年の秋に通い始めたが、途中喘息で中断してしまったので、今年からまた開始

数十年通い続けてきた歯科医を、昨年秋に思い切って変えてみた。
なかなか、勇気がいった決断であった……ってオーバーか013.gif!!!!!!!、

以前のお医者様も腕の良い先生だったが、予約時間に行っても1~2時間待つのが普通。


「予約の意味ないじゃん」・・・・と毎回毒づいていた・・・・もちろん心の中でね。



新しい歯科医は主人が車いすのため施設から介護タクシーを頼んで春から夏の終わりまで通った。
病院内は完全なバリアフリーだったのを調べて通ったのであるが、先生もスタッフもとても
良い感じだったので、私も思い切って変えてみた。

子供のころから歯が弱く色々な歯科医に通ったが、毎回いわれるのが


 「もっと大きな口開けて!!」 


そうして看護師さんに指で唇の両端を引っ張られる・・・・・私はちょっと
( ^ω^)・・・おちょぼ口

それで新しい先生には迷惑かけたくないと思って

あ~~~んと頑張って思いっきり口を開いたたら

「ああーーーーっ、あわわ、あわわわ」
     ↑
     ↑
     ↑
(顎が外れた)と言ってるのよ。

慌てて自分で直そうとしたら

「大丈夫です! 直し方があるんですよ」と優しく直してくれました。

最初からそんなんなので「無理に大きな口開けなくていいですよゆったりしてください」

と毎回言ってくださいます。

それが新しい歯科医さんとの出会いでありました。
[PR]
# by kouchanyoko | 2017-01-05 09:45 | 出来事

昨年を振り返って

新しい年を迎えて、もう忘れてしまった昨年の出来事、メモしようと思う。

三月 台湾へ 三泊四日
三月 帝国ホテルに泊まる屋形船と隅田川東京桜回廊
四月 イタリアへ 10泊11日
四月 イタリアから帰った翌日。社交ダンスの検定試験
五月 むろこんの定期演奏会
六月 市民音楽祭
七月 プリンスホテルにてダンスのデモ(タンゴ)を踊る
九月 伊勢志摩の旅 (珍しく春に喘息が起きなかったので調子に乗っていたら九月初めより
           体調悪化せき込みながらの旅行)
九月30日~10間 飛鳥Ⅱで日本一周の旅
十月 飛鳥Ⅱから帰宅した翌日、秋のダンスの検定試験
十月 益々喘息悪化で毎日点滴のため病院通い(もう~何にもできヘン!!!)
十一月 伊達市カルチャーセンターのステージでルンバを踊る(喘息の発作止めでやっとこさ)
十一月末~ニュージーランドへ7日間へ自然豊かで呼吸が楽だった
十二月 プリンスホテルにてダンスのデモ(ルンバとワルツを踊る)

九月から喘息の発作に苦しみ、油断していた自分を反省。
病院のお世話になり、しっかり看護師さんに説教され反省。

私の喘息はアレルギー性では無いので、風邪さえ引かなければ普段、発作を起こすことはないが
風邪をひくと回復まで2~3か月はかかるので、油断できないのに調子に乗っていた。。

喘息の治療薬であるステロイド剤の吸入薬は声が枯れるので、大好きな合唱に
支障を来す・・・・・・でも今回は病院でしっかり説教されたので・・・

年間に2000人前後、喘息で死亡してるんだって・・・・随分と脅かすなぁーーーー。
[PR]
# by kouchanyoko | 2017-01-03 22:44 | 出来事
昨晩からの雪. 朝カーテンを開けると又雪景色に逆戻り


c0153444_8243763.jpg
c0153444_8222172.jpg
c0153444_824128.jpg



息子の愛車のオートバイはもう何年も野ざらし

「もう手放したら?」と母

「ううん、オブジェとして置いといて」と息子

彼のおもいでの詰まったものでしょうから、それもいいのでしょうね。

もう乗るつもりはないようですから、貴重な思い出の品。


宅配や郵便局やその他のオートバイ好きの男性が家に来ると必ずいいます

「いいオートバイですね!!!!!」

そう言って目を輝かせています。

そういえば本州で勤務していたころ、友人と九州や京都、大阪など休みのたびに
颯爽とオートバイで遊びに出かけていたって言ってたもんね。


昨日の「小さな歌う会」の練習の後、コーヒータイムがあり、

「この頃本当に体調、良さそうだね、良かったよね、あの一緒にハワイに行った時の
 人とは同一人物とは思われないくらい元気になったわ」

         というので

「うん、今年のお正月に決めたの。もう体調が悪いとか、疲れたとか、後ろ向きの発言は
 しないように気を付けようと決めたの」

         というと

「ええっ~~~~、あなたからそんな後ろ向きの言葉なんて聞いた記憶がないわ
 、わはははは003.gifそれ以上前向きになってどうするのよ!!」


へぇえええーーーーそうですか、それじゃあああああああああ、これからは
横も,後ろも向きますよ~~~~~~~だ、フン039.gif


だが、しかし、横向き、後ろ向き、では・・・・・・・・歩きにくい。
[PR]
# by kouchanyoko | 2016-02-21 08:51 | ふっと思う

おはよう~!!

一人暮らしの朝の目覚め

明るい日差しにおはよう~~と元気に声をかける。

今日はあさの九時から社交ダンスの教室

一時間レッスンして、午後からは水泳教室。

何もかも高齢になってから始めたのでその歩みののろいこと・・・笑っちゃう・・

最初はあまりの進歩のなさに少々、どころか焦りまくっていたけれど、
今はね、そんな自分を受け入れて、地道に楽しめるようになった。

焦ったって。若くはなれないんだもの、今の程度にしかできないんだもの
と達観・・・・・・・・フフフ・・・・・諦観・・・・・007.gif


ものすごい年齢になってから始めた社交ダンスに恋している今、最高さ!!
お見苦しいのは許して下さいませって感じで楽しんでいます。

昨日はおとうちゃまのところで、何かの話の中で
「お口の中はいつも清潔にしてね。肺炎とかも心配だしね」と私
「もう死んだっていいんだ」と悲しい憎まれ口をいうおとうちゃま。

そうね、私も何回も思ったよ、親が生き残って・・・・・・
この命を息子たちに代えてあげられないこんな命なんてなんの意味があるのだろう
と何回も思ったよ。

でもどうしようもなかったんだよね。今でもそう思うけどどうしようもないんだよね。

おとうちゃまの「もう死んでもいいんだ」の思いとはきっと意味がちがうけど
私も死んでもいいと思っています。
でもその時期が来るまでは生きるよりしょうがないじゃない?
と心の中で言い続けています。

いくら努力しても頑張ってみても天命には逆らえない。

そうして社交ダンスに楽しみを見つけ出そうとしているのです。
[PR]
# by kouchanyoko | 2016-02-12 11:10 | ふっと思う