のんき妻と頑固夫の介護生活


by kouchanyoko

<   2009年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

こっ.こっ、怖〜〜〜い

今日午後から腰の鍼治療を受けに行った帰りに
デパートへ寄りました。

狭い駐車場で苦手なのですが雨だったので乗り入れました。

狭いとは言ってもきちんと運転すれば車は交差できます。

急激に大きな車が我物顔に道幅の真ん中をおりてきました。

(おいおい,ミラーが付いてんのに見えんのかいな?)

大きな車は出過ぎているし、私の車には後続車がいるし
曲がる事も下がる事も出来ず、しかし
相手の運転者は見るからに『やの字が付く自由業風

こっ.こっ.怖〜〜〜〜い

私は窓を開け満面の笑みで・・・手まで合わせて

『申し訳有りませんが少しだけバックしていただけませんか?』


なぬ〜〜〜!!てめぇ〜が下がればいいべや〜〜!!
このやろう〜〜〜!!


と怒鳴りながら


{(いいべや〜〜??純粋の道産子だ)と思った。}
 (それにしてもここまで言うか?)       


素直に?バックして下さいました。

TVか映画でしか聞いた事の無い度迫力の台詞を生まれて初めて
・・・・・・・生で聞いた。


こっ、こっ、怖〜〜〜い!!



私は凍ったままの笑顔でうまくすり抜ける事が出来ました。

すぐにバックしてくれる優しい気持ちがあるなら、大きな声で
怒鳴らなきゃいいのになぁ。




とっても怖かった(怖すぎる〜)・・けどく○ば○ぁ〜〜

と言われなかっただけましか!?!?
と思い直す事にしました。
(もし.言われていたら完全にぶん殴っちゃう011.gif


デパ地下でお口直し(気持ち直し)に、和菓子を買いました。
ちょっぴり不愉快で10個は食べられるエネルギーに満ち満ちて
いたけど一個で我慢しました。







c0153444_1994947.jpg

[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-28 19:18 | 出来事

気に入って買いました。

c0153444_7394347.jpg

シャンプー、リンス、ボデイソープ入れ。アメリカ製だそうです
これでお風呂場がスッキリすると良いんですけど。
使いかけの洗髪料がごちゃごちゃして気になっていたので
この三点で雰囲気が変わるといいと思っています。

整骨院で治療の後、気分転換に輸入家具のお店に寄りました。

見るだけで楽しいショップです。
高価な家具が多い中,小物も豊富に置いてあるので
それを目当てに若い女性にも人気のお店です。



新しい下着を数枚入れ替えようと思って購入。
おとうちゃまの下着は着やすいように改良しています。

c0153444_7475875.jpg


改良って程の大げさな事でもないんですが、せっかく買った
工業用ミシン・・・こういう時に使う予定だったはずなのに、
あの高速の超スピード・・・・・怖くて使えない015.gif



未だに手縫いである・・・それじゃ〜意味ないじゃん!
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-25 07:58 | 出来事

雑事、雑感

連休,始まる前は何かうきうき!!
昨日が最終日、夜一人で、この連休振りを返って
予定通りにゆっくりとは・・・休めなかったなぁ。

連休の
初日(20日)12時から結婚式場のチャペルで聖歌隊として
       賛美歌を数曲歌いました。
       腰痛を抱えていたけど、メンバーが揃わずお困りの
       様子でしたので、ちょっぴり億劫でしたが、
       歌ってきました。
       やっぱり結婚式は素敵!!
      (でも.結婚式の聖歌隊は若い人がいいよね)・・
       と思いました。 



二日目(21日)『ドライブにいきたい!!』とおとうちゃま。
        (あの〜,毎日私の腰が痛いの気付かないの
         かな〜)
        『解ってる!!031.gif』と怒り顔。
        『オロフレ峠に行きたい』
        (はいはい、わかりました) 
        c0153444_9553513.jpg
c0153444_9561831.jpg
c0153444_9563336.jpgc0153444_95744.jpg
c0153444_958318.jpg
c0153444_9585719.jpg
       洞爺湖について白鳥とご挨拶003.gifc0153444_1005684.jpg









紅葉には時期が早いようです。あと10日もすると見頃になるでしょう。





   丁度,昼食・・コンビニのサンドイッチ007.gif車椅子では
   レストランにはなかなか入れないの。
   湖畔で食べたのもなかなかロマンッチックでした。




三日目(22日)お彼岸のお参りに行きました。
      以前にも書きましたが,三カ所の墓地を廻ります。c0153444_10122659.jpg


主人の両親と息子が眠っています。






私の次兄が眠る所。
c0153444_10144815.jpg




実家のお墓からの眺め
c0153444_1022269.jpg


あらためて写真に収めてみると三カ所とも海の見える高い所である。
・・・・・血筋かも????


四日目(23日) 今日はゆっくり休もうと思ったら、出歩いていた
        つけが来た。
        留守番続きのまるちゃんがご機嫌斜め。
c0153444_1030498.jpg
c0153444_10305572.jpgいじけてる!!
一杯遊んであげました。




かくして連休はあっという間に終わったのです。
今日は午後から、体のマッサージを予約しました。
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-24 10:36 | ふっと思う

ついに爆発!!

ず〜っと抱えていた痛み,平気そうな顔をして日常を
過ごしていましたが、先週おとうちゃまがショートスティ
に行った途端、腰痛が爆発・・・2〜3日安静にしていれば良いかな?




夜も眠れません、でも今日は日曜日だしね、どうしよう?

以前にもお世話になった白老の整骨院,親切な先生でしたので
思い切ってTEL

『いいですよ、いらっしゃい』  あっ、ありがとうございます!!!

(往復2時間弱でちょい・・・遠いけど)
先生の声が神の声のようでした。

非常に疲れが溜まって『このままだと病気になるよ』
(7〜8年前にも同じことを言われたけど、私はまだまだ元気です)

一応月曜日に整形外科で受診、一番下の腰椎が潰れて
神経に当たっているから・・・・

『はぁ〜〜老化現象ですか??』

『いいえ、骨の方はしっかりしているんですけどね、
 何かお仕事で,重いものを持ったりしていませんか?』

『いいえ、特にはそう言う事はないんですけどね』

『これからは重いものを持たないように注意して下さい』


う〜〜〜ん、しばし沈思黙考.....

・・・・・若い頃から増え続けている体重
・・・・・一番の重いものは自分の体重なのだ



とやっと気付いた・・・・やっぱりダイエットしかない!!

毎日白老の整骨院に通って、ただ通うだけじゃつまんないわ!
と治療後は白老のお店で昼食をいただきました。

         治療二日目の昼食(苫小牧の手前のとんでん)
c0153444_7592960.jpg


         治療三日目の昼食
c0153444_82846.jpgc0153444_824329.jpg
c0153444_83076.jpg
この日はお腹がすいて,すいて,写真を写す前にたべてしまった005.gif

         
治療四日目の昼食c0153444_8942.jpgc0153444_891992.jpg


c0153444_89386.jpg




何処がダイエットなのじゃ〜〜!!
腰痛がひどいのは本当なんですけどね〜〜!!


治療の後は,少し回復した気分で白老近辺を
そっと歩き回り綺麗なお花をみつけました。
c0153444_8165164.jpg
名前は知らないけど、きれいでした。




c0153444_8191035.jpgc0153444_8192636.jpg





















腰痛爆発!  食欲は大爆発!!!

転んでもただでは起きない??私なのだ。

ん??これって・・・良い事???・・・・なの???
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-17 08:29 | 出来事

本当に太らないの?

義姉が野菜をいっぱい運んできてくれました。
新鮮でピチピチした野菜です。

早く食べたい!!

野菜ならお腹いっぱい食べてもいいよね003.gif
c0153444_7281040.jpg



野菜の千切りに酢、お醤油,味醂、お砂糖、お酒,塩で煮込んだ
鶏肉をのせて、野菜は味付けポン酢に大根おろしを混ぜて
かけました。c0153444_7321927.jpg


c0153444_732513.jpg







トマトを冷やして,タマネギのみじん切りのドレッシングをかけました。
     
 



c0153444_7352786.jpg

         c0153444_735492.jpg
かぼちゃは素揚げして,ドレッシング(酢,お醤油、ごま油、お砂糖少々)を
かけました。

こんなに食べても野菜なら大丈夫?だよね。
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-08 07:47 | 家庭料理
夕顔をいただきました。
この辺りでは珍しい、さあどうしようかな。
c0153444_79239.jpg



かんぴょうにしてみました。c0153444_7101937.jpgc0153444_7104672.jpg










乾燥させるのに雨続きなので、こんなところで干しました。









                     









              かんぴょう巻き
c0153444_7285149.jpg
c0153444_725643.jpg



子供たちが帰省した時に沢山、餃子をつくりました。

余った材料でまた自分用につくりました。

c0153444_7382147.jpgc0153444_7383836.jpg


















『うちの餃子が一番おいしい』と・・お世辞たっぷりに気を遣う息子。


『かあさん、死ぬ前にレシピ書き残しておいてね』


          

       こらぁっ!!





      ほめ殺しする気か?????
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-07 07:55 | 家庭料理
親が老いた自分に対して子供たちに
”こういう風に接して欲しい”という内容を
樋口了一さんという方が優しい声で歌っています。

ふっと母を思い出しました。

母はとても静かで思いやりと愛情の深い我慢強い人でした。

どなたもそうなのでしょうが、その時には何気なく
聞き流していた事が、何年何十年も過ぎてから
ふっと浮かんでくる言葉がありますね。

『動物の中で、親の面倒を見るという考えは人間だけ。
 
 それが当たり前だ、良い事だとは自分は思わない。
 
 出来るだけ、子供の負担にはなりたくない。
 
 子供の世間体が悪いから、同居しているけど
 
 出来ることなら、老人ホームで暮らしたい』

と長男と同居している時にポツリと言ったことがある。

兄嫁とは決して不仲ではなく長兄も
『嫁の代わりはいるけど、親の代わりはいない』
等と言ってはばからないほど親孝行な兄であった。 

次兄もお嫁さんが気の毒な程の親孝行であった。

ああ〜〜〜それなのに、それなのに、
『私は幸せだ、兄も嫁も本当に良くしてくれる』といつも
そう言っていたのに、このときの母の言葉にそう言う思いを
させて、娘として申し訳ない気分になったものです。

それを聞いた時、私の中にはっきりした形ではないけれど
ある覚悟が生まれたのを覚えています。

周囲の方々や母自身も幸せな老後を送っていると言われたり、
思ってたりしても、年老いた親の気持ちとはこういうもの
なんだと、自分の老後と重ね合わせて考えさせられました.

長兄が不幸にも母より先に亡くなって、母は我が家で暮らすように
なりましたが、最後まで愚痴、泣き言は一言も言わず前向きで、
娘に何一つ手を煩わせる事無く、見事に生を終えました。

私にはまねの出来ない尊敬すべき女性であった。

『手紙〜親愛なるこどもたちへ』
私の母もこの歌のように素直に気持ちをさらけ出していたら
よかったのだろうか?

(母はこの歌が生まれるずっーと前に亡くなっていますが)

母はこの歌のような気持ちはきっと持っていなかったと思う。
『親が子供を育てるのは当たり前の事。そのことで子供に見返りの
 ようなものを求めるべきではない』とも言っていた。


こういう考えでいたからだろうか、子供に期待しない分、逆に
どんなささやかな事にでも喜びと感謝を素直に表す人であった。

優しい中に毅然とした自分を持った明治の女性であった。



沢山の方々がこの歌で癒された、考えさせられた、励まされたとの
感銘をうけていらっしゃるようですが・・・・・

        昔からのことわざで
   『子供叱るな来た道じゃ、年寄り嗤うな行く道じゃ』
    ってことを歌ってるんじゃないの?と思う私。


これじゃ”身も蓋もないないわ〜〜”ごめんね、樋口了一さん042.gif
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-06 08:25
昨夕、柴犬を飼っている友人が散歩の途中に我が家へ。

まるちゃん喜んで飛び出しました。

『ええっ〜、どうしたの???』と友人。

いやいや前々日の友人についで・・・驚き過ぎですから015.gif

『実はこういう訳で短くしてもらったの』と説明。

『ヘェ〜〜、皮膚病にでもなって、毛が全部抜けたかと』
    思ったそうです。・・・確かに・・・納得。

彼女の柴犬はチョー美人です。可愛いです。

はじめの頃『柴犬の方が好き』と私以外の家族は言っていた。
(まるちゃんには内緒にしてますが・・・)




        しかし

お家のまるちゃんは我が家族に取っては最高に可愛いんです〜〜〜。

親ばかここに極まれり。親ばかでなきゃ育てられないのだ。
我が子の子育ても一緒なのだ。・・・子育ても・・・も?
(我が子の子育てが第一であった、息子たちよ失礼045.gif


c0153444_1517379.jpg


     よ〜く見ると愛着が湧いてきますよ〜〜〜。
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-05 15:32 | まるちゃん
友人が家庭菜園で作ったインゲンを届けてくれました。
c0153444_7174181.jpg


来客に大喜びのまるちゃんが飛びついて行きます。
c0153444_718412.jpg


『ええっ〜〜!!別の犬???』

はい、別の犬になってしまいました。
トリミング、ショートにしすぎました。

トリミングを嫌がり毛が伸びすぎて、外耳炎になり
今やっと、綺麗になりました。
蒸れてしまったそうで、かわいそうな事をしてしまいました。

それで外耳炎が治ってから、犬の訓練士がいらっしゃる
美容院を獣医さんから紹介していただきました。

トリマーさんに『とっても良い子でしたよ』と言われ一安心。


まるちゃんの本当の顔・・飼い主に似てぶ○いく037.gif
c0153444_7241835.jpg



春と秋に咲くバラ、今年は少し多めに咲いてくれました。
c0153444_7291837.jpg


朝晩の空気はすかっり秋めいてきました。
風邪、新型インフルエンザ、気をつけましょうね。
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-04 07:33 | まるちゃん

ベストテン入り?

『ブ○スタ(焼肉店)行こうか、おごるからさ』と息子。
『うん、行く.行く、いくよ〜〜〜』

5時に予約、座席が狭いので車椅子から座席への
移動はちょっと、難しいけど力持ちの息子の御陰で
何とか着席。

いっぱい注文したの、だって”おごり”だもんね。
と遠慮のない親である。

このお店はメニューも色々なので、おとうちゃまは自分が
食べられるものをさっさと注文。

息子は数ヶ月ぶりなので嬉しそうに焼き肉を注文。

次々運ばれて.大食漢の母子はわくわくなのだ。

小食のおとうちゃま、自分の物を食べ終わると



          『帰る!!』


と隣に座っている私をぐいぐい押すの025.gif



c0153444_704069.jpg


    『ええっ〜〜〜。まだこんなに残ってるし』
    (私ね、おとうちゃまの食べやすいように隣で固い物を
     小さく切ったりして色々お世話してて、まだなんにも
     食べてないってば)
     
     と心の声が荒くなる(ついでに鼻息も!!)

          あきれた私は

『おとうちゃまは世界のベストテンでも5位以内には入るよね〜
 ”自己中”部門ではさ!!』


     『せっ、世界。ワッハハ〜〜〜』
    とおとうちゃま嬉しそうに笑ったけどね、



     褒めてないから!!




息子はニコニコして『もう少し待ってよ』



こういう父親って幸せじゃないの・・・そう思って欲しいなぁ
そう感じる事が幸せというものじゃないのかなぁ・・・

物の感じ方の違いを、年々思い知らされる私。
”価値観の違いだ”などと大仰には思わないけど(今更ね)


きっと男女の違いなのだろうと自分に言い聞かせています。

なんといっても”大事なだんなさま”なんですからね!

            

      あれれっ??
[PR]
by kouchanyoko | 2009-09-03 07:37 | 出来事