のんき妻と頑固夫の介護生活


by kouchanyoko

<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

壊れてません!!

今日は合唱団の強化練習・・・・・・・・・・やる気のない気分

昨日久しぶり、いやいや数年ぶりにフルートを出して吹いてみた。

きちんと習っていないので、チョ~~~~~~適当だ~~~~。

なんでもいいのさ!!とにかくなにかしているのさ!!って感じ
(トイレの火事・・・・・・・私の得意なギャグ・・・・・やけくそ・・・・・・・・・・・下品でごめん)

吸い口の位置が私の口形といつも上手くいかず、へんてこりんな音しか出ない。

習いに行く時間が無いので、まァいいか~~自己流でも、と思って

ピーピー,プープー、スースー、音にもならずに吹いていたら


二階から降りてきた三男君が


「壊れてんじゃないの?????????」




「壊れてません!」




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・何でもやればいいってものでもないかしら?


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・習ったほうがいいかしらん?
[PR]
by kouchanyoko | 2012-01-29 09:33 | コーラス

焼き立てパン・・・・・

前日に仕込んでおいたパンが焼きあがりました。

毎晩、睡眠導入剤を飲んで寝ているので、薬の効果が切れると
パッチリ目がさめます。

それでもぐずぐずと布団から離れたくないし、朝など来なければいいのに、とも思う。

今朝はちょっと違ったのね。

初めてパン焼き器のパンが焼きあがったからね、ちょっとだけうれしくてね。



c0153444_835925.jpgc0153444_8440100.jpg

            
                おもいっきりの厚切りです。

ネットで買った6、000円を切るホームベーカリー
c0153444_875237.jpg



ちょうど二階から降りてきた三男君に試食させると


「うーーーーーん、ふつう・・・・・・・・・・。」という感想。


ふつう?ふつうかぁ~~~~~~~~、ン?? 普通に焼けたんだ・・・よかった!!!

初のホームベーカリーの出来はこんなものでした。


ぱくぱくと嬉しそうに食べてのはまるくんだけでした。
c0153444_817389.jpg



冷蔵庫が空っぽ状態でしたので、残りもので白菜でひき肉を巻いて、
残りは餃子や肉団子で済ませました。

c0153444_8222596.jpg


















人の多いところはまだ苦手ですが、今日はいよいよお買い物に出なければなりません。
[PR]
by kouchanyoko | 2012-01-28 08:27 | 家庭料理

その瞬間が大切??

  「悲しみのための唯一の治療は何かをすることだ」 ジョージ・ルイス(イギリスの哲学者)
   いつも自分の心を救ってくれる言葉を探している私。



気がおかしくなりかけた時に浮かぶのは同居している三男とおとうちゃまの顔、

あ~~、あ~~~、しっかりしなくちゃと大きなため息とともに悲しみを吐き出す。


消えない心の苦しさを何とかごまかして生活を続けるしかない現実。


ジョージ・ルイスのことばを壁に貼って、イメージトレーニングし、泣き顔をしながら
あれこれ始めている。

そのひとつがスイミング、初心者10回コースに申し込み・・・・・・・

間違いなく泳いでいる間は悲しみが消えているし・・・・

どうして消えるのかって???????

息継ぎが苦しくて苦しくて・・・・だから・なのである。

10回で泳げるようになるなどとは、とんでもないことだ!と学んだ(これも学びだろうか)??

同好会が結成され、その一員になり、無理やりに出かけている。

「おとうちゃま、泳ぎに行ってくるからね!
 泳ぐっていうより、ほとんど溺れているんだけどね~~」


そう言っておとうちゃまの失笑を買っている。
[PR]
by kouchanyoko | 2012-01-27 10:42 | ふっと思う

どうってこともないこと

春の始まりを思わせる暖かい太陽の光、夕暮れの時間が伸びてきたこの頃、

昨年の3/11の大震災の後、新しい年が来るころには少しでも前向きになれるだろうか
と思い耐えてきた。

玄関の開く音、お風呂のお湯の音、階段を上がり降りする音、冷蔵庫を開ける音、
あらゆる事があの子の仕草に繋がっており、会いたくてたまらない。

今使っているPCはあの子がゴールデンウイークに帰省した時に一緒に家電店を回って
購入したものである。

「Windowsなら、いくらでも教えてあげるからね」と息子

「あらあら、ありがとうね」と私

そんな約束も3/11の震災を境に・・・・・・・・あっという間に反故になってしまった。

PCはあの子の優しさを思い出させて、なかなか触れられないでいる。


泣くことで楽になるとよく言う、しかしそうではないこともあると今度の事で思い知らされた。

あまりに強い喪失感で、元の自分に戻れなくなるような心の危機を何度か経験した。


そんなせいなのかどうか解らないが、何気ない他者の言葉に、腹立たしかったり、
傷ついたりしてしまい、余計なことを言ってみたりしている。

言いたいことを言ってスッキリするタイプ。
言いたいことを言ってすぐ反省するタイプ。

私はどうも後者のようである。反省するくらいなら言わないほうがいいに決まっている。

気をつけよう。

どうってこともない、そんなことを考えた今日。
[PR]
by kouchanyoko | 2012-01-25 11:19 | ふっと思う